FBX export from HDA

デジタルアセットからの FBX 出力

Houdini から FBX でシーン情報を出力する場合、File->Export->Filmbox FBX... から行う。ただし、この方法はノードを介さないため、Houdini デジタルアセット経由で出力設定をコントロールしたい場合などには使えない。
また ROP Output Driver ノードは、FBX 出力を行うことが出来ない (.bgeo, .obj などの出力可能)。

ここでは簡単にデジタルアセット内にFBX 出力ノードを含めるための方法を紹介。

  1. Create シェルフの Torus をクリック。
    • torus_object1 ノードが出来る。
  2. ダブルクリックするなり 'i' キーを押すなりして中に入る。
  3. /obj/torus_object1 内で TAB->Managers->ROP Network を実行。
    • ropnet1 ノードが出来る。
  4. ダブルクリックするなり 'i' キーを押すなりしてropnet1 の中に入る。
  5. TAB->Scene->Filmbox FBX を実行。
    • filmbox1 ノードが出来る。このパラメータでファイルの出力先などを設定可能。
  6. 'u' キーを押して一つ上に戻る。
  7. torus1 と ropnet1 の両方を選択し、Network View パネル上部の Create Subnet from Selected ボタンをクリック。サブネットを作成。
  8. 作成された subnet1 の上で RMB->Create Digital Asset... を実行。
    • 作成したアセットのパラメータに必要な出力機能を含める。

まとめ

  • FBX 出力を行うノードは Filmbox FBX ノード。本来ROP (/out) 以下に配置される。
  • あるノード内に本来なら別の場所にあるべきノードを配置するには、ネットワークノードが必要。
    • 今回のように SOP内のノードに ROP ノードを配置するには ROP Network ノードが必要。
    • もしマテリアルを同じように配置したいのであれば、SHOP Network ノードを配置、その中にマテリアルノードを作成する。
    • Netork ノードは、TAB->Managers にあり、以下の種類がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿